コスメレシピ|東京 手作り石けん教室

東京 日暮里 手作りコスメと手作り石けん教室

天然素材で色付けしたリキッドソープの退色実験しました〜

愛犬も飼い主さんも一緒に使える、低刺激のリキッドソープを講座にしたい!
と、思ったのは実は半年以上前でした。

募集のお知らせまでになぜ?こんなに時間がかかったかと言うと。。

私が凝り性だからです...w

試作は条件をちょっとずつ変えて、
何度も何度も納得いくまで作り続けます。

本業が忙しい事ももちろんありますが、
1番の原因は、この凝り性にあると薄々気がついてます(汗)

皆さんに、少しでもお役に立つ情報をお届けしたい気持ちもありますし。。

凝り性は長所と捉えて...
仕方ないですねw

そんなわけで、今回は試作の1つである退色しにくい天然素材を探す(確認する)お話をします。

天然素材で作る色材の退色実験手順

まずは、少量で沢山の種類を試作します。

少量のリキッドソープを各種色材で着色。

↓光が当たる棚に置いてます。

少量のリキッドソープを数種の天然素材で着色し退色実験をする

これで数週間、様子をみます。

この段階で、退色や変色する素材を確認して、
変色しにくいであろう素材の当たりをつけます。

そして、変色しにくいと当たりをつけた物を、
ある程度の量で再度観察します。

↓こんな感じです

リキッドソープを数種の天然素材で着色し退色実験をする

↓引きでみるとこんな感じ(この状態で放置)

リキッドソープを数種の天然素材で着色し退色実験をする 引きの画像

ちなみに、光が当たらない場所にも同じ物を保管しております。

光が当たってない方と、光が入る方でどれだけの差があるのか。。
1ヶ月後比べます。

こんな感じで、色んなメーカーから素材を取り寄せては、実験と観察を繰り返します。

それは色だけの話ではなく、ジェル基材なども、
種類、メーカー配合量入れる順番...
などの組み合わせを何度も試作を重ねます。

それで、これならOK!と思えたら講座のご案内です。

今回も、色々と実験した結果を皆さんにシェアしたいと思います〜。

リキッドソープ(応用編)のご案内は↓こちらです〜。

高濃度アルコールジェル講座のご案内は↓こちらです〜。