コスメレシピ

手作り石けんやハーブ、コスメレシピ etc...

*フラワーコンフェティベーシック講座の募集日程はこちら

化粧品(コスメ)に入っている成分は。。

しばらく手作りコスメについて書いていきたいと思います。(コスメレシピなだけに。。笑)

具体的には、化粧水、クリーム、パックなどですが、今日のテーマは「化粧品(コスメ)に入っているものについて」です。

化粧品(コスメ)とは。。

一言でいうと、水と油の混合物です。

具体的に言うと、

  1. 水と油を混ぜ合わせる為の界面活性剤

この3つで、コスメのベースとして70〜90%ぐらいを占めています。

そして、コスメの種類によってこの割合が変わります。

例えば。。

  • 乳液 → 油多め
  • 化粧水 → ほどんど水分
  • 洗顔フォーム → ほとんど界面活性剤

というように、使う用途、目的によって配合を調整しています。

これを知った時、「市販品って高いな〜」「シンプルなんだなぁ。。」と思ったのを覚えています(笑)

他の成分は。。?

ベース成分の3つ以外の残り10〜30%は、

  • 機能性成分 ー 美白、アンチエイジングなど具体的な作用を期待できる成分
    (ビタミンC、ヒアルロン酸、植物エキス など)
  • 品質向上、安定化成分 ー 防腐・酸化などの変質を防止し安全のために配合する成分
    (防腐剤、増粘、酸化防止、ph調整 など)
  • 香料・着色剤 ー 超微量だけど、高級感や満足感を高めるための成分
    (精油、エッセンシャルオイル など)

などを配合させて個性や特徴を出しています。

市販の化粧品を購入する時は、この10〜30%に注目される事が多いと思います。
化粧品会社も差別化のポイントとして宣伝しているようです。

手作りできる。。?

保管など注意部分もありますが、市販品にない良さがあります。

コストも良いですし、自分好みにアレンジできます。
何より、何が入ってるか把握できるのが安心ですよね〜。

手作りコスメでは、

    • 使用目的
    • 肌質
    • 希望する使用感
    • 保管期間
    • その他(香り、色など)
    • コスト

などを考慮して材料を決めていきます。

次回は、化粧水について書いていきますー。